ばたこん(ばたこさんがConをなんたらかんたら)

l1j戦争鯖v2(http://w.livedoor.jp/wsv2/)でばたこが、如何わしい連中とくんずほぐれつする日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
100503WB2.jpg

この画像の説明をする予定でしたが、
予定を変更してひとつ前の段階の話。

一つ前というのは「壁」の話ですね。


防衛側は壁を作って、GTまでの経路を封鎖します。

1112kabeeva.jpg
▲SS①

1112kabeaden.jpg
▲SS②

↑こんな感じですね。


基本的に「壁」防衛が出来るMAPは大きく分けると2種類あります。
・複数箇所で壁防衛が可能なMAP(↑のSS①)
・正面は壁防衛可能だが背後は壁が困難なMAP(↑のSS②)


では、ここで問題です。

あなたは攻撃側です。
防衛は壁を作って迎撃態勢を整えています。
攻撃側はその壁に対して攻撃をするわけですが、
『何の為に攻撃側は壁を攻撃するのでしょうか?』
『その目的は?』














えっと、答えはシンプルです。
そうしないとGTに行けないからです。

じゃあその壁に対してどうアプローチするのか。
実際の戦争で想像してみて下さい。
攻め側は壁の防衛側を皆殺しにて
壁を突破しているわけじゃありません。
ある条件が成立した時点で、自然と壁は撤収され
GTに移行しているはずです。
じゃあその条件ってのは何なのか?

攻撃側が一定数以上、壁より内側に侵入して
GTが危険に冒された状態、ですよね?

その内側に侵入する方法として考えられるのは、
ある意味「北風と太陽」という童話に近いものがあります。

ここでまたSS②を見て下さい。


1112kabeaden.jpg

一目見ればわかるじゃないですか。
『裏空いてる』
って。

でも背後から回ると遠回りだし、
効率悪く無いのか、という疑問を持つ方。
想像してみて下さい。
1人2人が背後に回るのではなく、
10人20人規模で一気に裏から来た場合、
防衛側がそのまま壁封鎖を続けると思いますか?

纏まって背後から一気にGT付近へ侵入すれば、
自然と防衛側は壁を撤収してGT防衛に移行せざるを得ません。
封鎖さえ解いてしまえば、死者が復帰する時は
今度は正面からGTへ向かえるわけです。

もし普通に壁を攻撃して、あっという間に崩せるなら
正面突破でも良いでしょう。
でも、それが出来る程敵味方の戦力差があるのなら、
そもそもこんな戦術の話はいりません。
膠着した状態でいかに効率良く進めるか、
それがBTKブログのテーマですので。

つまり無駄な時間と消耗を避けて、
前述の問題の回答である
「GTへの道を開く」
という目的が達成できるわけです。

裏から突入する個々のタイミングが合わずに、
先走ったうっかりさんが無駄死にするのは、
そもそも問題が違う為、消耗には含みません。
問題外、というヤツです。


先ほどの童話で言えば
北風型:壁に対して正面突破
太陽型:迂回して背後に入る
と言った感じでしょうか。


勿論SS①のようなMAPだと、
全て封鎖されている限りは
北風型を取らざるを得ません。

しかしSS②のようなMAPは結構あります。
またSS①のようなMAPでも、
人数不足で封鎖出来て無い、
途中でどこかの封鎖が解けている、
そういうケースは存在するわけですね。


はっきり言えば、全員空いてるとこに集中でも
俺は構わないと思ってます。
逆にそうしない理由がわからない。


なんでこんな当たり前の事を、
ここまで長文で説明してるかと言えば、
実際に出来て無いからなんですね。
昨日・今日の雪山(橋)しかり。

少し前のSS①のMAPで実際にあったのは、
正面(SSでばたこがいる箇所)以外は全部空いてるのに、
何故か戦力の8割が正面を攻めている有り得ない状態。


1112kabeeva.jpg
▲SS①

残りの4,5人だけが他の通路から侵入して、
中でがちゃがちゃやり合ってるわけです。
普通気づくはずなんですよ。
味方が中にいるって事は、どっかから入ってるんだと。
当然チャットで何度も報告は出ているにも関わらず、
そんな事だって実際に起こっているわけです。


今回のブログを見て、意味がわからないって人は
多分居ないんですね。日本語が読めない人は知らないけど。
あと、某です○いとのように4行以上の文章を読むと
頭痛がする人とかはさておき。

でも実際に嫌な言い方すると
「思考停止」とも言える状態に、
陥っているケースが多々ある。
勿論俺も含めての話。

もう面倒くさいとかそういう話になると、
どうしようも無いんだけれどもね。
それでも、もうちょいまともに戦争したいよね、
と考えてくれる人は今日の話も含めてBTKブログだったり、
他の人のブログをを読むと、多少なりとも意識付け
程度の価値はあるんじゃないかと思ってます。
偉そうに書いてるけど、書いてる事のレベルとしては
「最低限押さえておきたい戦争鯖の戦争の初歩の初歩」
ネットワークで言えば「TCP/IP」って何?
程度の話ですから。

でも具体的な事は極力書かないし言わないの。
「こういう考え方をするといいよ」程度。
そもそも俺が書いてる事を疑って、
本当にそうなのか自分の頭で考える事、
それが一番大事やと思ってます。




■おまけ

100503WB2.jpg

最初に出てきたこの画像。
この画像を使って主に3つのテーマを話そうと予定してます。
そのうちひとつは簡単に一言でここで済ませます。


「このSSに映ってない人=戦力外」


戦場の中心はGTなんです。
画面内にGTが映ってない場所にいる人は、
極論言えば戦力としての存在価値が無い状態にある。
もしあるとすれば1人で画面外に複数の敵を
引っ張って引き連れている人とかそんな感じ。

このSS自体はまだ防衛開始して間もない段階だから、
わんこが少ないのはある程度しゃあないです。
他に手ごろなSSがなかったので。

良く「数的有利/不利」という言葉が出ますが、
大きな枠組みで言えば「このSSに映っている人数差」
となりますし、小さな枠組みで言えば1~3の各エリアでの
局地的な人数差と、2つの意味があります。


残り2つのテーマは前回のブログで最後に出た
「選択と集中」という言葉を基に
「クラン全体の資源配分」

「各エリア単位での数的状況による行動指針」
を予定してます。

「選択と集中」という言葉の意味は、
元々経営戦略やマーケティングの用語なんだけど
「限られた資源を最大限に無駄なく投下すること」
という意味で理解しておけばOKです。
タゲ合わせなんかも「選択と集中」ですよね。
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

ばたこ
  • Author: ばたこ
  • 好きなもの:「い」って言わなくても飛んでくるイミュ
    嫌いなもの:キューブ「クエイク」
    たくさん動いて、たくさん耐えて、たくさん死ぬ、そういふナイトに わたしはなりたい。

Search

Calendar

04 « 2010/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。